会則

第1条 定義
この会則において使用する用語を次のとおり定義する。
①「本クラブ」とは、千葉県千葉市美浜区中瀬一丁目10番1号キッツビル内に本社を有する株式会社ダンロップスポーツウェルネス(以下、「会社」という)が経営し、そのすべての管理運営を行う「ダンロップスポーツクラブ」「ジムスタイル」「ビフレクス」「セルヴズ」をいう。
② 「本会則」とは、会社が定める本クラブの入会約款であり、会社が本クラブの円滑かつ効率的な管理運営を行うために必要な事項、本クラブの会員となった者が心身の健康維持・健康増進を図るために本クラブの施設を平穏かつ秩序正しく利用するために必要な事項、本クラブの入会資格および入会手続等について規定するもので、本クラブを利用する者のすべてに適用される規則をいう。
③ 「会員」とは、会社がこの本会則に従って入会申込を審査し、入会が認められた者であって、本クラブ利用において本会則が適用される成人会員および子供会員をいう。

第2条 本会則の適用
1.本会則はすべての会員および第9条に基づき本クラブの施設を利用するビジターに適用する。
2.本会則の第5条乃至第8条は、本クラブに入会申込みを行う者にも適用する。

第3条 会員の基本条件
本クラブに入会し、会員資格の取得をしようとする者は、以下の基本条件を満たさなければならない。
① 成人会員は、次に掲げるいずれかの条件を満たした上で、本会則および会社が定める利用上の諸規則を遵守できる能力を有すると会社が判断した者
(1)ダンロップスポーツクラブおよびビフレクスにおいては、15歳以上でかつ中学生ではない者
(2)ジムスタイル及びセルヴズにおいては、18歳以上でかつ高等学校生ではない者
② 子供会員は、上記①以外の者で、本会則および会社が定める利用上の諸規則を遵守できる能力を有すると会社が判断した者
③未成年者は、親権者の同意書が提出できる者
④ 医師などから運動をすることについて制限を受けていない者
⑤ 伝染病、その他、人に伝染または感染するおそれのある疾病がない者
⑥ 本クラブの諸施設の利用に支障が無いと当社が判断した者
⑦ 刺青、タトゥー(客観的に見て刺青、タトゥーを入れていると同様の状態を含む)を入れていない者
⑧ 自らおよび自身の配偶者が暴力団その他反社会的な組織(暴力団とつながる企業舎弟の組織を含む)に所属していない者 ⑨ 過去に会社から除名通告または除名処分を受けたことがない者
⑩ 会社以外の第三者が経営する本クラブと同様のクラブ等から前号と同様の通告および処分を受けたことがないと会社に申告できる者
⑪ その他、会社が本クラブの利用者としてふさわしくないと判断しない者

第4条 入会(会員資格取得)手続
本クラブに入会し、会員資格の取得をしようとする者(以下「申込者」という)は、次に掲げる書類等(以下「手続書類等」という)を会社に提出し、第5条に定める会員資格取得審査を受けなければならない。
① 会社所定の本クラブ入会の申込書を会社に提出すること
② 希望する会員種別に従って会社所定の初期登録料、諸会費およびその他の費用等を会社に支払うこと
③ 運転免許証、パスポート、健康保険証および外国人登録証など、氏名、住所、生年月日を確認できる資料を呈示すること
④ 本会則を遵守する会社所定の同意書を提出すること
⑤ 自己の健康状態について問題が無い旨を申告すること
⑥ 会社が要請した場合、医師による運動許可の診断書を提出すること
⑦ 入会しようとする者が未成年者の場合、親権者が未成年者の入会に同意すること、および親権者が入会希望者の行為に連帯して責任を負うことを表明する会社所定の同意書を提出すること

第5条 会員資格取得審査
1.会社は、前条の手続を完了した申込者について、本会則の定めるところにより即時に会員資格取得審査(以下「即時審査」という)を行う。
2.会社は、即時審査の結果、会員資格の条件を満たすと認めた申込者に対し、当該日に本クラブへの入会を認める旨を告知し、即時に会員として登録する。
3.会社は、会員となった者に対し、前項における会員登録と同時に会員証もしくは会員番号を交付する。但し、会社が当該日に会員証を交付することができない事情がある場合は、後日の期日を指定して交付することができる。
4.第2項において、会社が一旦会員の登録を行った者であっても、登録後、会員資格の要件を満たしていない事実が判明した場合は、直ちに会員資格を喪失するものとし、当該者は会員証を交付されている場合は、会社に返還しなければならない。なお会社は、前条②に基づいて納入された初期登録料、諸会費およびその他の費用等の合計額から本クラブの使用期間に係る使用料金を控除して、なお残金がある場合は会社が定める方法により当該者に返金する。
5.会社は、会員資格の要件を満たさないと判断した者については、原則として、その旨を即日告知するものとし、前条に定める手続書類等を申込者に返還する。但し、会社が即時審査を終了しない事情がある場合は、申込日から10日以内に会社が別途定める方法により通知する。
6.前項但書において、会社は、会員資格の要件を満たさないと判断した者に対して、前条に定める手続書類等を申込者に郵送等の方法により返還する。なお、手続書類等のうち、前条②に基づいて納入された初期登録料、諸会費およびその他の費用等については、審査結果を通知した後に会社が指定する方法により返還する。

第6条 会員証の使用
1. 会員証は、会員の本人のみが使用できるものとする。
2.会員証を紛失、毀損(きそん)または消失した者は、すみやかに本クラブの窓口にその旨を届出し、会社所定の再発行手続きを行わなければならない。但し、再発行手続きを行う会員は、会社が定める再発行手数料を負担するものとする。
第7条 本クラブの利用
1.本クラブの諸施設の利用条件および特典については別に定める。
2.会員は、本クラブの諸施設を利用する場合、会社が発行する会員証を提示しなければならない。
3.会員は、本クラブの会員資格を第三者に譲渡および相続をすることができない。
4.会員は、会員証を第三者に譲渡および貸与してはならない。

第8条 初期登録料、諸会費およびその他費用
1.会員種別毎の初期登録料、諸会費およびその他費用(消費税込)は別に定める。
2.会員は、会員資格がある限り、また本クラブの施設を利用したか否かにかかわらず、前項の諸会費等を諸会費等納入期日までにそれぞれ支払わなければならない。
3.一旦会社に納入された初期登録料、諸会費およびその他費用は、第5条第4項および同条第6項に定める場合を除き、いかなる理由があってもこれを返還しない。但し、年一括払を選択した会員およびキャンペーン等に応募した会員が、契約在籍期間および必要在籍期間の終了前に退会を希望し会社が承認した場合、または会員が契約在籍期間および必要在籍期間終了前に死亡した場合は、通常入会時の初期登録料、在籍した期間の月会費およびその他費用に置換えて必要費用を計算し、対象者が、入会時から退会月迄に支払った金額と精算し、残金が有る場合は、これを返還するものとする。

第9条 ビジターの利用
会員以外の者で本クラブの施設の利用を希望する者(以下「ビジター」という)は、次の各号に定める要件を全て満たさなければならない。
①ダンロップスポーツクラブおよびビフレクスにおいては15歳以上でかつ中学生ではない者である場合、ジムスタイルおよびセルヴズにおいては18歳以上でかつ高等学校生ではない者である場合
② 成人会員の同伴がある場合
③ 会社が承認した場合

第10条 諸規則の遵守
1.会員およびビジターは、本会則のほか、会社が別に定める諸施設の利用規則を遵守しなければならない。
2.会員およびビジターは、本クラブの諸施設を利用する場合、会社の従業員(各諸施設の係員)の指示に従わなければならない。
3.会員およびビジターは、本クラブの諸施設を利用する場合、施設内の秩序を乱し、他の会員に迷惑を及ぼし、あるいは会社の事業運営に支障を与えるなど著しく迷惑を及ぼす行為をしてはならない。
4.会員およびビジターは、本クラブの施設内で、会社の事前の書面による許可を得ずに、集会、演説、勧誘、布教、文書・図画類の配布および指示その他これらに類する行為をしてはならない。

第11条 ビジターの諸規則の遵守
1.会社は、第9条によるビジターの利用について、その人数および施設の利用を制限することができる。
2.ビジターは、本クラブの諸施設を利用する場合、本クラブ所定の利用料金を支払わなければならない。
3.ビジターは、本クラブの諸施設を利用する場合、本会則およびその他会社が定める諸規則を遵守しなければならない。
4.成人会員は、同伴したビジターが本会則およびその他会社が定める諸規則に違反した場合は直ちに会社に通知するものとし、ビジターは自己の費用と責任において本会則およびその他会社が定める諸規則に違反したことにより生じた紛争を解決しなければならない。

第12条 届出義務
1.会員は、次の事項に該当した場合、直ちに本クラブの各施設の窓口または、本クラブが指定する窓口に、所定の届出書面または方法によりその旨を届出なければならない。
① 退会、休会、会員種別の変更。
②会員の氏名・住所・電話番号の変更。
③会員の会費支払に関わる登録情報の改廃。
④ 第19条の「利用の禁止」事由に該当する場合。
2.会社は、会員が第1項の届出を怠ったことに起因して生じた会員の損害について一切の責任を負わない。
3.会員は、第1項の届出を怠ったことに起因して生じた会社の損害について一切の責任を負うものとする。
4.会社は、会員に通知する場合、会員が会社に登録した住所および電話番号宛に行う。なお、会社は、当該通知をもって、通知義務を履行したものとする。

第13条 会社の免責
1.会員およびビジターが本クラブ諸施設利用中、会社の責に帰さない事由により損害(生命、身体および財産に係るすべての損害)を被った場合、会社は当該損害について何等の責任も負わないものとする。
2.会員およびビジターと他の会員その他第三者との間に生じたトラブル、紛争および係争について、会社は一切関与せず、当事者間において解決するものとする。

第14条 私物の管理等
1.会員およびビジターは、自らの責任において自己の私物を管理しなければならない。
2.会員およびビジターは、自己の私物を保管するために本クラブ内のロッカーを使用することができる。ただし、ロッカーの鍵は会員およびビジター自身で管理するものとし、会社は、ロッカー内に保管された私物につき盗難、滅失、破損等があっても、会社の故意または重過失によるものでない限り、一切の責任を負わない。
3.会社は、本クラブ内において会員またはビジターの私物が盗難、滅失、破損等に遭ったとしても、会社の故意または重過失によるものでない限り、一切の責任を負わない。
4.会社は、会員またはビジターの忘れ物を1ケ月間保管する。会員またはビジターが、当該期間内に忘れ物を引き取らなかった場合には、当該忘れ物の所有権を放棄したものとみなし、会社が自由に処分できるものとする。ただし、会員またはビジターの忘れ物が腐敗により異臭等が生じるような性質のものである場合には、上記期間が経過していないときといえども、会社は、その忘れ物を処分することができる。
5.前項の規定に基づき、会社が会員またはビジターの忘れ物を処分した場合には、会員およびビジターは、会社に対して当該忘れ物の返還やその損害賠償を請求することができない。

第15条 損害賠償責任
会員およびビジターは、本クラブの施設を利用する場合、会員またはビジターの責に帰すべき事由により、会社またはその他の会員を含む第三者に損害を与えた場合、これをすべて賠償しなければならない。

第16条 会員資格喪失
会員は、次の各号に該当する場合、会員資格その他会員として有するいかなる権利をも喪失するものとし、会社に対して、遅滞なく会員証その他会社からの貸与物を返還しなければならない。
① 会員の都合により退会を申し出、会社がこれを承認したとき
② 会員本人が死亡したとき
③ 本会則第17条により会員除名されたとき
④ 会社が本クラブの諸施設を閉鎖したとき
⑤ 会員が長期間本クラブの施設を利用せず、会員資格を保有する意思がないものと会社が判断したとき

第17条 除名処分
会社は、会員が次の各号に該当したと判断した場合、当該会員を除名することができる。なお、会員の民法上の親族が次の①、②、③、⑤、⑥および⑪に該当する場合ならびに会員の配偶者が次の⑧に該当する場合も同様とする。
① 本会則およびその他会社が定める本クラブの運営に関する諸規則に違反したとき
② 本クラブ運営における秩序を乱したとき
③ 本クラブまたは会社の名誉を傷つけたとき
④ 諸会費および諸費用の支払を怠ったとき
⑤ 法令に違反し、または社会通念上の一般常識やマナーに著しく欠ける行為があったとき
⑥ 危険な行為または他の会員に対する迷惑行為をしたとき
⑦ 刺青、タトゥーを入れていることが判明したとき
⑧ 暴力団その他反社会的な組織(暴力団とつながる企業舎弟の組織を含む)に属していることが判明したとき
⑨ 薬物を使用していることが判明したとき
⑩ 過去において会社および第三者が経営する同様のクラブから除名通告または除名処分を受けていたことが判明したとき
⑪ 会社の従業員による利用上の注意警告および指示に従わず、なお改善の見込がないとき
⑫ その他会社が会員としてふさわしくないと認めたとき

第18条 施設の閉鎖、一時休業
1.会社は、次の各号に該当する場合、会員に事前の予告をすることなく本クラブの諸施設の全部または一部を閉鎖若しくは休業することができる。また、予め計画などによって予定が判明している場合、会社は、この旨を本クラブの各諸施設に掲示するなど、会社が適当と認める方法により会員に告知する。
① 天災地変、その他外因事由により、会員の安全確保の必要があると判断した場合
② 諸施設の増改築、修繕または点検等が必要と判断した場合
③ 定期休業等(年末年始、夏期休業含む)による場合
④ その他法令等に基づく関係官庁からの指導による場合などの重大な理由によるやむを得ない事情が発生した場合
2.前項により、会員は会費の支払義務の軽減または免除を受けるものではないものとする。

第19条 利用の禁止
1.会社は、会員資格を有する者であっても、次の各号に該当した者は当該会員の施設利用を禁止することができる。なお、会員の民法上の親族が次の⑪に該当する場合ならびに会員の配偶者が次の⑥に該当する場合も同様とする。
① 医師などから運動をすることについて制限を受けた者
② 伝染病、その他第三者に伝染または感染するおそれのある疾病を有する者
③ 本クラブの諸施設を利用する能力が不十分であると会社が判断した者
④ 身体的または精神的障害、傷病、高齢など理由の如何を問わず、意思の疎通を図ることが困難であるか、または自己の行動をコントロールできず本クラブ所定の場所以外にて排泄を行う、あるいは物忘れにより他人の財物を持ち去るなど他の利用者の施設利用を妨げ、もしくは本クラブの営業や秩序を乱すおそれのある者
⑤ 刺青、タトゥー(客観的に見て刺青、タトゥ-を入れていると同様の状態を含む)を入れた者
⑥ 暴力団その他反社会的な組織(暴力団とつながる企業舎弟の組織を含む)に属している者
⑦ 過去に会社および第三者が経営する本クラブと同様のクラブより除名通告または除名処分を受けたことがある者
⑧ 飲酒、薬物等を使用している者
⑨ 妊娠中である者(マタニティクラス等の妊婦が利用可能な会員種別を除く)
⑩ 会費を2ヶ月以上継続して滞納している者
⑪ 会社の従業員による利用上の注意警告および指示に従わず、なお改善の見込が見られないとき
⑫ その他会員としてふさわしくないと会社が判断した者
2.会社は、前条で定める利用禁止事由(第9号を除く)に該当する可能性のある会員に対して退会を勧告することができる。ただし、前条第1号から第4号に定める事由については、継続的または断続的に各号に定める要件に該当すると会社が判断した場合に限り、退会を勧告することができるものとする。

第20条 費用等の変更、運営システム変更
1.会社は、必要と判断する場合、本会則に基づき、会員が負担するべき諸費用の改定および施設運営システムを変更することができる。
2.前項の施設運営システムを変更する場合、会社は変更日の1ヶ月前までに、本クラブの各諸施設に掲示するなど、会社が適当と認める方法により会員に告知する。

第21条 個人情報の取得
会社は、サービスの提供を行うために、本クラブに入会しようとする者の個人情報または会員の個人情報を必要な範囲内で適法かつ適正な方法により取得することができる。但し、取得した個人情報の取り扱いは、別に定める「個人情報の取り扱いについて」に定めるところにより取り扱うものとする。
http://www.wellness-dunlopsports.jp/privacy.html

第22条 本会則の改定・本会則に定めがない事項の扱い
1. 会社は、本会則および本クラブ運営のために必要として定めた諸規則等につき、関連法令又は行政指導の改正等、経済情勢の変動、新サービスの展開、類似サービスにかかる規約との統合、その他本クラブの利用に関する事情に鑑み、本クラブの安定的かつ継続的な運営という本会則に基づく契約の目的を達成することが困難と当社が判断した場合は、民法第548条の4の規定に基づき、本会則および本クラブ運営のために必要として定めた諸規則等を改定することができるものとし、係る改定効力発生日をもって会員に適用されるものとする。この場合、会社は、係る本会則および諸規則の効力発生日前に会員に本クラブの各施設に掲示またはホームページに掲載する方法で告知する。
2.本会則に定めがない事項については、会社が都度決定するところによる。

改定:2021年6月30日

『SELVES』エステ機器利用規約
印刷用同意書

利用規約および同意書印刷用PDF

●SELVESの利用者は、本クラブ会則に定める成人会員のうち、18歳以上の女性とする。
●対象機器はSELVES内にある全ての機器、備品、設備(今後導入する機器も含む)とする。

以下の事項に同意して申し込ます。
□私は、以下のいずれかに該当しません。
・医療用電子機器(ペースメーカー、人工心肺、心電計等)をお使いの方
・妊娠中又は妊娠の可能性のある方
□私は、以下のいずれかに当てはまりますが、医師と相談の結果、利用に問題がない事を約束致します。
・原爆症 ・心臓疾患 ・急性疾患 ・アレルギー疾患 ・顔面黒皮症 ・喘息や気管支疾患
・肌が敏感な方(ケロイド体質、アトピー性皮膚炎等)
・局所性、全身ステロイド系、非ステロイド系抗炎症薬やステロイド系ホルモン剤使用中の方
・皮膚疾患(ヘルペス等) ・肝機能障害 ・血圧異常
・薬物やホルモン治療中の方 ・過去の疾患 ・アルコール中毒 ・血液異常 ・悪性腫瘍
・糖尿病 ・甲状腺疾患 ・肝機能障害 ・医療特定疾患 ・出血や内出血が起こりやすい方
・通院中や服薬がある方 ・授乳中の方 
※以下の場合は一時的にご利用をお断りする場合がございます。
・38℃以上の有熱性疾患 ・月経中の方 ・結核 ・法定伝染病 ・体調がすぐれない方
□1部位45分以上はマシンを使用しません。また、同一部位は中1日以上空けて使用します。
□私の持病、体質等を原因とする事故、および本利用規約およびクラブからの使用説明を守らずにマシンを使用し、皮膚のトラブルや各種事故が発生した場合については、貴クラブに過失がある場合を除き、自らの責任において対処致します。
※「本規約およびクラブからの使用説明、注意事項など」を守らずにマシンを使用し、皮膚のトラブルや各種事故が発生した場合には当クラブは一切責任を負いかねます。

使用上の注意事項
◇当機器を使用される際は、必ず指定のマシン専用クリーム、ゲルをご使用ください。
◇使用に当たっては必ず指定の専用クリーム、ゲルを掌で施術部に塗り、プローブヘッドを掌にあてて温度や体感を確かめてから使用してください。
◇マシンが異常に熱くなる等、異常を感じた際には使用を止め、スタッフにお声がけください。
◇治療中の傷や体内の金属・樹脂・シリコン等がある部位の周囲には使用しないでください。
◇空腹時は避けてください。また、食後1時間以上空けてご利用ください。
◇体調がすぐれない場合はご使用を控えるか無理に使用しないでください。
◇以下の部位へ使用しないでください。
 ・粘膜、口内、眼球 ・心臓付近 ・手術をした部位 ・膝、肘などの関節部位 ・傷口や脱毛、日焼け直後の部位 ・痛覚、知覚障害を起こしている部位 ・金属、プラスチック、シリコンなどを体内に埋め込んでいる部位
◇以下の皮膚トラブルをお持ちの方はその部位への使用はしないでください。
 ・ニキビや吹き出物で炎症を起こしている部位 ・化粧品等で皮膚炎を起こしている部位
 ・アトピー、湿疹等の症状がある部分 ・痒みや火照り、物理的刺激による病的なシミのある部分
◇時計や貴金属類は全て外してください。
◇揮発性の高いもの(除光液、アルコール等)は近くで使用しないでください。
◇マシンは各部屋にあるマニュアルや注意事項を必ずご覧いただき、各トリートメントの時間や出力には十分注意し使用方法に従ってご使用ください。
◇トリートメントランプを併設している施設では、強い可視光線が照射されるため、可視光線が目に入ると網膜の火傷の危険性がありますので、光源を直視しないでください。
◇光アレルギーなどの光線過敏症や光線に反応する医薬品を服用している場合、日光や紫外線などの光線により過敏症の症状を引き起こす可能性があります。

使用中の注意事項
◇以下の注意事項をご確認の上、誤った機器使用方法による火傷にはご注意ください。
◇ご使用の際は、当社指定のクリーム、ゲルをお使いください。使用中に乾いてしまった際には塗り足してください。クリームが十分でない場合は火傷をする可能性がございます。
◇各ヘッドは肌に全面を密着させ、1ヶ所に留めない様に常に動かしてください。
◇コードを傷つけたり無理に捻じ曲げたりしないでください。
◇各ヘッドの使用後は速やかに元の場所に戻してください。
◇雷が鳴った場合は直ちに使用を中止してください。
◇マシン使用中に携帯電話やタブレット等電子機器その他の所持品の故障があった際、当クラブでは一切責任を負いかねます。

その他注意事項
◇各マシンの効果等については個人差がございます。
◇使用後は、次に使用される方の為にクリームをきれいにふき取り、清潔な状態にして所定の場所に戻してください。
◇マシンを使用された日は高温での入浴、サウナ、岩盤浴等身体に負担がかかりすぎる行為は避けてください。
◇本体や操作パネルを濡らさないでください。
◇個室内では携帯電話での通話はおやめください。
◇マシンを使用される際のウエアや着替えのご用意はございませんので、必要な場合はお持ちいただくかフロントにて紙ショーツ、紙ブラジャーをご購入ください。
◇貴重品はお客様自身で管理してください。盗難、紛失があった場合、当クラブでは一切責任を負いかねます。